CA(客室乗務員)の結婚相手は洗練されたエリート男性を

外資系CAの帰国願望あれこれ

 このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

外資系CAが退職理由を考えてみる

 

みなさん今日もお疲れ様です。

 

素敵な男性とは巡り合えましたか?

 

きっと運命の人は、今でもあなたと同じ空の下で同じ空気を吸っていますから安心してください。

 

もうすぐ目の前に現れます!

 

今回は、外資CAが退職する理由を考えてみようと思います。

 

最終的には日本に帰って日本人の素敵な男性と結婚したいと思う外資系CAの方はとても多いでしょう。

 

また、日本人男性との結婚だけが理由ではなく、様々な事情で日本への帰国を考えている方も多いのではないでしょうか。

 

 

最終的には日本に住みたい

 

そうですよね、何と言ってもまずはこの理由が一番なんですよね。

 

観光で海外に行くのはいいのですが、海外で生活をするというのは決して楽ではないんですよね。

 

特に、友人や自分の家族とすぐに会えないというこの距離

 

そしてやはり、

 

 

衣・食についてはやっぱり日本が一番なある気がします。

 

 

留学経験者の方ならわかるでしょう?

 

 

「留学して初めて日本のありがたみが分かった」

 

 

ということ。

 

外資CAの婚活行き詰まり事情

 

 

日本人男性と結婚したいのに出会いがない

 

日本に将来的に住む、ということは、

 

「日本で落ち着く」ということなので、

 

外資系CAにとって結婚を前提に付き合う男性は日本人が一番良いわけです。

 

しかし、外資系エアラインで働き、しかも海外ベースであれば、

 

 

なかなか日本人男性と出会う機会は無いんですよね。

 

 

本当にこればかりは、ほぼ皆無ですよね。

 

そもそも、日本人とあまり出会うことが無いのです。

 

外資CAの婚活行き詰まり事情

 

このような環境に長く居て、

 

 

28歳位になるとだんだん自分の将来のことを考えて

 

 

日本ベースの航空会社にトランスファーしたり

 

 

他業種へ転職し日本に帰ることを考え始めるのです。

 

 

日本の乗務法令が適用されない

 

日系エアラインでは、

 

 

フライトは月に100時間月まで

 

 

妊娠したらすぐに乗務停止

 

 

と法律で定められています。

 

しかし、外資の場合は、当然日本の法律とは違いますので、このような条件ではありません。

 

エアラインによりけりですが、

 

自分で乗務するかどうか選択できる会社もあるようですが、

 

子供一人につき約3年休みがもらえるエアラインは、おそらく日系だけだと思います。

 

外資CAの婚活行き詰まり事情

 

日本の航空法の手厚さは、他国に比べて群を抜いていると言えます。

 

 

一方で外資は、

 

スケジュールの融通も利き、友人用チケットも使いたい放題というメリットもあります。

 

 

また、人間関係も日本のようなドロドロとした煩わしさも無い分、かなりドライです。

 

 

ただし、乗務時間は月に120時間など普通のことです。

 

 

このような外資の勤務条件が自分には合わないというCAは、日本への帰国を考えることがあります。

 

外資CAの婚活行き詰まり事情

 

 

外資CAが期待はずれに感じること

 

日本でのCAのステイタスですが、昔ほどではないにしろ、ある程度のハイステイタスな職業として認知されています。

 

その点海外では、日本ほどのステイタスのある職業ではないので、思ったほど素敵な男性は寄って来ません。

 

 

また、日本人には責任ある仕事をなかなか任せてもらえないという事情も期待外れなことです。

 

 

 

CAはあまりチヤホヤされない

 

 

確かにCAブランドを信じてきた方にはショックですよね。

 

実際に、CAブランドが通用するのは日本を含めてアジアの一部の地域のみですね。

 

 

特に欧米では、CAは究極のブルーカラーという認識もあるようですから。。

 

 

実際に外国人クルーの中には、なんでここまで常識が無いのか不思議に思う人も結構居ますし、

 

年配CAであればその立ち振る舞いが商店街のおばちゃんのような人も居ます。

 

外資CAの婚活行き詰まり事情

 

ですので、

 

日本のようにハイステイタスな男性が声をかけてくれるということはあまりありません

 

 

外資系エアラインの日本人CAは責任あるポジションを任せてもらえず成長できない

 

こちらの理由も結構多い退職理由ですね。

 

日系エアラインのCAにはなかなか理解されない点とは思いますが、これは外資系CAのあるあるなんです。

 

日系のエアラインであれば、フライト経験が長くなるにつれ、嫌でも責任者資格はそのうち必ず取らされます。

 

しかし、外資系エアラインでは、

 

ファーストクラスの担当をしていようが、いくらVIPの接客を担当しようが、

 

日本人CAにフライト全体の責任者を任すことは無いというところも多いのです。

 

これは、日系エアラインが現地採用で外国人を採用した際、その外国人CAに便の責任者資格を取らせないのと同じことです。

 

外資系エアラインの日本人CAはつまるところ、

 

安全保安業務も任せることができる日本語通訳

 

というポジションなのです。

 

外資CAの婚活行き詰まり事情

 

よって、会社内での出世ということを考えると、日系エアラインのようにはできないのです。

 

一度仕事を覚えてしまえば、それ以上出世を伴う成長を求めることは難しいのです。

 

これは確かに、CAとしてのキャリアに誇りを持っている方には辛いですよね。

 

 

外国人CAの仕事に対する価値観が合わない

 

日本人CAであれば、自然と「お客様のために」という行動ができます。

 

しかし、外国人CAの中には、そのホスピタリティが日本人とは比べ物にならないくらい低い人がいます。

 

たとえば、コールボタンがよく鳴るフライトで、キレてしまい、

 

 

「コールボタンは緊急時以外使わないでください!」

 

 

外資CAの婚活行き詰まり事情

 

 

なんてアナウンスまでしてしまう人も居るんです!

 

また、よく働く日本人CAにはどんどん仕事を振ってくるのが外国人CAの特徴です。

 

日本人CAは、おしんのようによく働き、頼まれるままにどんどん仕事を受け入れて、永遠と酷使されてしまいます。

 

日本人CAは、結局自分だけが損してしまうことも多いのです。

 

外資CAの婚活行き詰まり事情

 

時には声を荒げるくらいに主張しないと外資ではやっていけませんね。

 

さらに、マニュアル大好きな日系のお局キャラにも外資系エアラインCAには合いません。

 

そもそも、他人のマイルールをリスペクトする外国人CAなんていませんからね。

 

 

外資系CAの婚活のためには

 

このような外資系エアラインの過酷な環境では、なかなか婚活など進まないでしょう。

 

外国人CAと同じぐらい図太いのであれば、外資の方が働きやすいと思いますが、

 

将来的には

 

 

「日本人と日本での幸せな結婚」

 

 

を意識している方であれば、

 

帰国したらもう結構な年齢になっていることが多いと思います。

 

どうか今のうちに早めに手を打ってしまいましょう!

 

プロの結婚カウンセリングを一度受けることが一番の近道です!

 

↓↓↓↓こちらからなら無料体験もお申込みいただけますので是非この機会にどうぞ!!

 

 

 

 

 

結婚・お見合い・婚活・結婚相談の総合サイト ブライダルネット

 

結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)

 

トップへ戻る